セフレ募集

今の彼と出会ったのは、セフレ募集です。
大人同士の割り切った関係というイメージがありますが、私も彼も「遊んでる」とか「軽い」とかそういうのとは無縁の人種でした。
ですから、人にセフレ募集で知り合ったというと、驚かれますね。
最近では、自粛してセフレ募集のことは言わないようにしてます。
二人とも、寂しかったんですよね。
誰でもいいから誰かとつながっていたい、そういう風に感じている人間でした。
かといって、婚活をしてみても、男が女に求めるのは「出産能力」「家事・介護要員」だったりします。
女が男に求めるのも似たり寄ったりで「経済力」「老後の安定」とかですしね。
こういう人しかいない婚活市場に嫌気がさしたんです。
LINE掲示板に投稿をしてセフレ探しを始めたけど失敗する
私も、彼も。
私も彼も、そういう婚活よりは、自由に人と人同士でつながりたい、それが性欲だっていいじゃないかという気持ちでセフレ募集したんです。
最初は失敗ばかりでした。
私より彼の方が失敗して、落胆した経験が多いんじゃないでしょうか?
まぁ、それでも似たもの同士がいつかは出会うんです。
そして、同じようなことを考えていたと知って、心の何か塊のように詰まっていたものが溶け出すような感覚になりましたよね。
今では、結婚して穏やかな生活が続いてます。
子どもは望めませんけど、彼の甥っ子や私の姪っ子たちとの交流を楽しんでますね。
春になったら犬を飼おうと話合っています。そうやって、家族ってだんだんと中身を持った存在となっていくんでしょうね。
セックスしたい
キスフレの作り方

お金を無償支援します

お金を無償支援しますってはっきり言ってたわけじゃないけど、現金の力は大きいよなって思ったのは、高校のとき、友達づきあいしていた女の子から「2000円貸して」って言われて、すぐに貸してやったら、すごく感謝されたとき。
返さなくていいって言ったら、また感謝されて「ほんとに、ほんとにいいの?」って真顔でいわれた(笑)。どうも、返すあてがなかっつたらしい。
実は、高校生なんだけど、割のいいバイトやってて。2000円くらいならいつでも貸してあげるから、欲しい時に言ってってそれからは、急速に接近。とくに貧乏な家の子じゃなかったみたいだけど、家が厳しくて小遣いも少なかったみたいで。何に使うのって聞いたら、友達とときどきパフェとか食べるんだけど、どうしても足りなくなってだって。パフェかよって、笑ってしまった。
パトロンが欲しい
その子には、いろいろいい思いさせてもらって(笑)、それから大人になっても同じ手口で。大学入ってからも、田舎から出てきて一人暮らししている女とかに、いつでも1万や2万ならかしてあげるよって言ってたら、わりと簡単に借りに来る子がいて。貸したときにすぐにやらせてって言ったらやらしいけど、何度か、貸して、返さなくていいよってのを繰り返してたら、わりと簡単にやらせてくれる子ができて。頼りにされてたんです(笑)。
社会人になっても、カードローンの返済に困ってる女とかって、わりと多いからね。だけど、気軽に借金できる相手って女は意外といないでしょ? もちろん向こうもそんなの人に言える話じゃないから、内緒の話として拡散しないしね。社会人になってからは、年上の先輩女性なんかにもこの手でいい思いしてました。
俺は、カードとかでキャッシングとかはほとんどしたことない。あんなもんで借りる奴は馬鹿だと思う。利子いくらか考えればいいよ。酒もたばこも博打もやらなくて、普段は節約生活(笑)。使うとしたら、女のときだけ(笑)。40近くになった今でも、続けてる。喉から手が出るくらいの時に貸すって言って金渡して、返さなくていいってホッとさせて落とす、このパターン(笑)。

無償でお金を提供
愛人募集

パパ活

私は弁護士です。
弁護士業界も厳しくて、雇われ弁護士なんて大手でなければかなり低所得。
そんな私がパパ活を始めたのは、お金もですが、人脈が欲しかったのが大きいです。
パパ活で人脈を築いて、大きな会社の顧問契約を取れたら、この生活からも抜け出せるかも。
ある日、待ち合わせ場所にやってきたのは高そうな身なりの男性。
立ち居振る舞いだけでも、それなりの地位を持っていそうな気がします。
私はあえて馬鹿そうにふるまいながら、男性の腕に胸を当てつつ歩き始めます。
食事をして、仕事の話なんかをちょこちょこ引き出しつつ、コミュニケーション。
自分の勘が当たってそうな感じがして、少し気分が高揚するのがわかりました。
男性に「この後どうする?」と言われたので、ホテルのバーで飲みなおしたいとお願いします。
「ここ、俺のホテルなの。経営者ってやつかな。まぁ、ほとんど人に任せちゃってるけどね。」
私はこれを逃す手はないと、男性にしだれかかり、部屋のキーをゲットしました。
「君ってさ……弁護士か何か?」
神待ち
男性に突然そう言われて、私はかなり驚きました。
何故分かったのかを尋ねると、会話の内容が何となく専門的だったと。
お酒のせいで少しだけ素が漏れていたようで、痛恨のミスです。
「ふーん……賭けをしようか? 俺のこと満足させられたら、君の望み叶えてあげてもいいよ」
男性は面白そうにそう言ってきます。枕営業というやつでしょうか。望むところです。
私は、男性の身体を隅々までなめとり、自分の身体をつかって、全身で感じ合いました。
まるで全身が性感帯になったようで、頭が馬鹿になってしまいそう。
全てでが終わったベッドの中で、
「このホテルの弁護士は決まってるけど、俺個人の弁護士をお願いしようかな。だから……」
私はもう一度、布団の中に体を入れると、男性の身体をなめ始めました。
パパ活で太いパイプが得れたので、とりあえずは目の前のセックスに没頭できそうです。
割り切りサイト
泊め男