フェラされたい

あの子は口が大きかった。ビッグマックなんかも一口でペロッといっちゃう。大きな口を大きく開けて、ガツガツではなくてモリモリ食べる健康的なあの子のことが僕は好きだった。願わくば、あの大きな口でモリモリとフェラされたいな、なんて思っていた。
それが10年以上前の話だ。当時、僕たちは高校生で、付き合っていたと言っても、あの大きな口の唇を奪うまでもいかない清い交際だった。
高校卒業後、僕は上京して調理師免許を取り、ある料理屋に下働きとして勤めた。あの子の大きな口に触発されたわけではないのだが、自分の料理をあんな風に美味しそうに食べてくれる姿を見たいなと思ったのは事実である。
ただ、あの子とは卒業後には疎遠になった。地元の大学に進んだあの子と、地元を離れた僕に接点が無くなったためだ。まあ、僕にも都会でそれなりの出会いはあったし、フェラされたいと思っていた僕の夢も叶えることができた。ただ、夢に見ていたフェラは実際に受けてみると大したことはなかった。もちろん、良かったことは良かったのだが「ああこんなものか」程度の感想だった。あの子の口の大きさが、僕の想像の幅を広げ過ぎていたのかも知れなかった。
車内フェラをOKしてくれた女子大生の口の中にも口内射精
やがて、僕は地元へと帰った。腕を磨き、出資者も現れて、地元で料理店をオープンさせる目途が立ったためだ。地元の土を踏み、そう言えばあの子はどうしているのだろう?とあの子の大きな口ばかり思い出されたが、連絡を取る術も暇もなく、僕は忙しい日々を送り続けていた。
そんな時に、地元の友人が、帰ってきた僕のために同窓会を開いてくれた。そして、その中にあの子はいたのだ。年を重ねてさすがに老けてはいたが、口の大きさは変わらなかった。そして、皆のために振舞った料理を、あの子は10年以上前と変わらぬ大きな口で、もりもりと食べて「おーいしー!」と言ってくれた。そうだ。僕はこの瞬間のために、地元に帰ってきたのだと胸が熱くなった。そして、それは今こそ、あの口でフェラされたいと言う夢を叶える時だと思ったのだ。
しかし「ごめーん、そろそろ帰るね。子供を親に預けっぱなしなの」と言うあの子の言葉に、いきり立ち始めていた僕のチンコはたちまち小さくなった。
ちなみに、半年後、経営不振で店はつぶれた。
プチ援交掲示板
フェラ割