シンママの愛人

いつも、子どもの検診の時には、義理母に来てもらってたんだけど、その日はまたまた旦那が代休だったから、旦那に付き添い頼んだの。
いつもは、義理母が待合室で待っててくれて、そこで他のママさんと顔なじみになってて、よくおしゃべりしてたんだけど・・・
その日も何人か顔なじみのママさんたちいてね、「紹介しますー、うちの主人ですー」って言ったら、なんか妙な顔するのよね。
何かな~って思ったら、義理母、私を「シンママ」って言ってたらしいの。
だから、みんな、旦那のことをシンママの愛人の人・・・って一瞬思っちゃったらしいんだよね。それで変な顔してたってわけ。
もう笑い話だよ。うちの義理母、シンママのことを「新米ママ」のことだと思ってたらしくて!
パトロン募集で見つけたパパと月30万円の愛人契約を結びました
シンママの愛人がのこのこと検診に同行!ありえない!って思っちゃうよね~。
他のママさんたちも、誤解だった分かって、ほっとして笑ってた~。もう義理母、すごい勘違いだよ~。
帰りに、旦那が「お前がシンママだとして、それで俺がシンママの愛人だとしてさ、お袋本人はどういう立ち位置として認識されてたんだろうね」って言うわけ。
あー、確かに!「うちの嫁、シンママだから心配よ~」なんて言ってたとしたら、ちょっと聞いてる側が混乱するよねぇ。
まさか、シンママの愛人の母親が検診に同行なんて・・・まぁ、そういう事情のある人もいるかもしれないけど、ちょっと一般的にはありえないシチュエーション・・・。
他のママさんたち、そういうありえないシチュエーションを今まで待合室で体験してたんだなーって思ったら、また笑いがこみあげてくるwww
パトロン募集
お金あげます掲示板

FTMのエピテーゼ

オンラインゲームの交流なんて、今から思えばFTMとMTFの集まりだったな。僕も女の子キャラを演じていて、カッコいい男の子キャラとパーティーを組んで冒険していたりしてたしね。プライベートではそんなケは全くなかったんだけど、仮想空間で女の子になり切るのはなんだか楽しかったな。
で、ゲームを離れてチャットに誘われて、そこでプレイヤーから口説かれたりしてさ。うわー、いつ男である正体をばらすべきか?なんて考えている内に、エロチャットで処女奪われたりしたものだ。
で、まあ、そのカッコいい男の子キャラも、実は女性プレイヤーだった、というオチがついたりしてね。だから、FTMのエピテーゼつけてゲームしていたようなもんなんだよ。
アバターなんてFTMのエピテーゼそのものだよね。女性がチンコのついたキャラクターを操作している内に気持ちそのものも男になっちゃうんだよな、きっと。だって、僕だってマンコついているキャラクターを操っていたら、何だかチンコとアナルの間がムズムズしてきたりしてたしね。
それでさ、処女奪われた後に、僕が実は男であることを打ち明けたら「わかってた」んだって。
FTM
「だって、そんな可愛い女の子いないもの」と言われた。そりゃそうだよね。彼女のキャラもカッコよかったけど、つまりお互いに理想とする男性像と女性像を演じているわけだもの。あまりに理想的すぎるのも違和感につながるからね。
そこから意気投合して、オフで会ったんだよ。可愛い女の子とはかけ離れたむくつけき野郎が現れて幻滅させてしまうかなと思っていたんだけど、相手の女の子もちんちくりんなブサイクだった。まあ、それもネタだよ。「全然イメージと違った」ってお互いを見た瞬間、二人で笑っちゃったからね。
でもね、それすらもフェイクだったんだよ。しばらくすると「実は私、マジでFTMなんだよ」とカミングアウトされた。別に驚かなかったよ。実際に会っても男の子と喋っているような感じだったからね。
だから初めてベッドインした時も、彼女がペニバンつけて僕が尻を差し出したんだよね。僕もすっかり気持ちが女の子になっていたみたいだわ。
男の娘掲示板
ニューハーフ掲示板

JCの裏垢女子

 非モテなロリコン男ですから、18歳未満の裏垢女子を沢山フォローしています。
その中でも一番のお気に入りといえば、JCの裏垢女子。
発育が始まった肉体は、完成していないからこそのエロチズムが溢れているのです。
JCの裏垢女子は、気軽にその綺麗な肉体を写メにしてツイートして楽しんだりしていて、ロリコンの心を大きく刺激してくれたりもします。
JKよりも未熟なJCの裏垢女子は、近年の最高の好物になっていました。

 JCの裏垢女子を見続けていたら、オフパコも出来るんじゃないのかって妄想が膨らんでしまっていました。
セックスに興味があるからこそ、エロいツイートをするのですからね。
興味があるから積極的になるのも当然。
こんなロリコンの自分でも、相手にしてくれる可能性は高い。
そういう妄想ばかりを強めてしまっていたため、友人に話してしまいました。

 会社帰り、夕食のつもりで酒を同僚と飲むことになりました。
このとき、自分の妄想が酒の勢いで飛び出してしまったのです。
すると、彼は怒り気味に話し始めました。
「年齢を考えろ。想像するのはいいけれど、実践したら最悪の結果が生まれるんだぞ」
「でも、興味はあるしな・・不満だしな・・」
セフレの作り方
「実は、逮捕者が沢山出ているって知らないのか?隠しきれないんだぜ」
「本当か?」
「ああ、補導されスマホから発覚。親が怪しいと思って警察に通報。こういうこと多々あるんだからな。逮捕されたらわかるよな、仕事がなくなるぞ。不景気な現在、仕事がなくなったらどうなる?社会人としても失格だ」
こういうことって、誰かに言われないと気がつかないものです。
そんな考えを、少しも持てていなかった自分に気が付きました。
法律で定められている年齢がある。
それを破ってしまったら、確実に逮捕されてしまうのです。

 以来、裏垢からも引退してしまいました。
余計な下心を出さないように、裏垢からは遠ざかった生活を送っています。
エロチャット
無料のオナ電